作品紹介

切り絵 また逢えると信じて

こんにちは、みんなの切り絵展(@N9R_009)です。

切り絵作家斉藤洋樹さんよりまた逢えると信じての切り絵の紹介です。

切り絵 また逢えると信じて

ちょこちょこ途中経過の切り絵を見ていましたが
すごく細かく時間も掛かっており、大作となっています。

元は花火の写真から切り絵にしているみたいてますが
ここまで完成度高くできるものなんだと、驚きました!
そして、とにかく繊細さが伝わって来ます。
実際に見たらより繊細さがわかるかと思います。
(実物を見たい!)

また、題名も作家さんらしい感じがします。
普通に花火と題をつけそうですが

「また逢えると信じて」

とつけるところが花火の儚さとあの夏を連想させそうでとても素晴らしいです。
また、会えるを逢えるとしていることで
親しいひとのことを指すので、これまた素敵な感じです。

私も作品の題をつけるときはもっと作家さんらしい
題名を付けられるように見習わないといけませんね。

今回も素晴らしい作品なので
RT,いいねよろしくお願い致します。

過去の斉藤洋樹さんの紹介記事
[blogcard url=”https://wp.me/p9S1U0-fv”]

 

という訳で記事は以上です。

RELATED POST